Pagelist

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

代表的ながん治療法

代表的ながん治療法

日本においてがんと告知された人は60万人にもおよび、約30万人はそのがんによって亡くなっているといわれています。
そのようなわけで医療界ではがん治療の研究を積極的におこなっており、さまざまな方法が選べるようになっています。
ではがん治療の際によく使われる代表的な治療方法としては、どのような方法を挙げることができるのでしょうか。
まずひとつとしてあげられるのが手術療法といわれるものです。
これは手術によってがんに侵されている部分を切開するという療法になっているのですが、がんの塊がある場合にはそのまま切り取ることができるというのが最大のメリットです。
しかし体にメスを入れるということで、場合によっては回復に時間がかかってしまうというのがデメリットで、場合によっては臓器や体の機能が損なわれてしまうというリスクもあります。
続いてよく利用されているのが化学療法といわれるものです。
これは点滴や注射、内服によって抗がん剤を投与することになるのですが、体全体に抗がん剤が行き渡ることになるので、ちいさながん細胞を治療するのには最適だといわれています。
しかしデメリットになっているのが副作用で、場合によっては脱毛、吐き気、倦怠感などかなり辛い状態になってしまうこともあります。
医療界ではこの点にかんしても改善が図られてきており、副作用が少ない薬の開発などがなされています。
またがんによっては乳がんや子宮がんなどのホルモンが関係している場合には、ホルモン療法(内分泌療法)と言われる特定のホルモンを抑制する方法がとられることもあります。
続いて紹介することができるのが、放射線療法といわれるものです。
これはがん細胞を死滅させる局所療法になるのですが、最近では体の外側から放射線を照射するものだけではなく、放射線を出す物質を病巣部に入れて放射線を放射するという密封小線源治療というものもあります。
また放射線の種類にかんしても、これまではX線だけだったのですが、粒子線を使う陽子線治療や重粒子線(炭素イオン線)を使った治療方法というものも選べるようになっています。